ja
top

加工が容易、優れた特性。

Kynar® PVDFポリマーは標準の加工装置で簡単に加工することができ、加工されたパイプ、チューブ、フィッティング、コネクター、タンクなどは、長期使用中のメンテナンスと調整が容易に行えます。 このポリマーには助剤なしでも細菌増殖に対する耐性や、オゾン、二酸化塩素、次亜塩素酸ナトリウムに対する耐性を持つため、ステンレス鋼などの金属合金の代替材料に適しています。

Kynar® PVDFから作られた部品は、さびや他の酸化劣化を生じません。軽量で難燃性・耐発煙性・高耐久性を備えており、水と接触する用途については、認証(NSF61、ACS、KTW)取得グレードもあります。 認証の詳細情報については、当社までお問い合わせください。

"半導体および生物医薬品産業向けの超高純度ソリューション"

金属、合金の代替となるKynar® フッ素ポリマー

• 年数が経つと金属はさびて赤くなりますが、Kynar® PVDF部品は腐食しません
ので、耐腐食処理の必要がありません。
• Kynar® PVDF部品は高強度、長寿命で腐食しません。
• Kynar® PVDF部材の導入費用はステンレス鋼と大差ありませんが、 メンテナンス費用が大幅に削減されます。
• Kynar® PVDF部品は軽量で、ステンレス鋼よりも耐摩耗性が優れており、また溶着/溶接で簡単に組み立てることができます。

PVC、HDPE、PP、CPVCに対するKynar®の優位性

• Kynar® PVDFシステムは、化学環境にもよりますが、 高温(最高302°F (150°C))で使用可能です。
• Kynar® PVDF部品は放射線や多種の薬品に対して高い耐性があります。
• Kynar® PVDF樹脂は添加剤を含まないため、溶出が問題となる高純度用途にも適しています。
• Kynar® PVDF部品は難燃性、耐発煙性に優れており、UL認証を取得しております。(詳細は当社までお問い合わせください)
• Kynar® PVDFを使用した部材は、高い機械的強度を示します。
• 加工が容易なため、多種のKynar® PVDF部品を利用できます。
• Kynar® PVDF部品はpH値13までの薬品に耐性があります。(共重合体グレード)

一般的な殺菌方法

スチーム、放射線、オゾン、紫外線(UV)、アルコール、および化学殺菌。

Kynar® PVDF部品の耐薬品性温度など耐薬品性に関する詳細情報については、Kynar® PVDF耐薬品性チャートをダウンロードしてご覧ください。

一般的な用途

ろ過 - 中空糸膜や、ろ過機の筐体 (フィラー入りグレード含む)

平膜、マルチおよびモノフィラメント織布、不織布、メッシュフィルター

消毒 - 塩素ガス、二酸化塩素、次亜塩素酸ナトリウム、およびオゾンの注入システム

紫外線システム

飲料水、イオン交換水、および超高純度水 (半導体および生物医薬品産業) を輸送するためのパイプ、チューブ、バルブ、ポンプ、ノズル、栓、ライニング鋼管、ライニング鋼容器などの水輸送部品

当社顧客製造のKynar® PVDF部品

ポンプ(遠心、排水、ボール、ダイヤフラム、チャンバー、磁気駆動、その他)

ノズル、オゾンインジェクター

発泡体

タワーパッキン

ミストエリミネーター

フィルター筐体

素形材 (丸棒、板材 、フィルム)

流量計

モノフィラメント繊維

マルチフィラメント繊維

不織繊維

容器

タイプ

説明

温度2

圧力1

利用可能なサイズ

ポリマー層の厚さ

シートライニング鋼

裏地付きのKynar® またはKynar Flex® シートを隙間無く液体接触面に取り付け、または溶着させて、 腐食および不純物から保護する。

107°C (225°F) まで

鋼容器の限界まで

任意のサイズのタンクをライニング可能

1.5 mm - 5 mm (60 mil - 200 mil)

スプレーコーティング鋼

Kynar® またはKynar Flex® 粉末を金属面に何度か塗布して焼き付け、連続層を形成する。

93°C (200°F) まで

鋼容器の限界まで減圧

2 m x 6 m (6.5' x 20') まで

0.64 mm - 2.29 mm (25 mil - 90 mil)

デュアルラミネート

Kynar® またはKynar Flex® シートを容器状に成形し、 ガラス繊維強化プラスチック(FRP)で包む。

125°C (257°F) まで

最大1.03 MPa(150 psi)

6 m x 30.5 m (20' X 100') まで

1.5 mm - 5 mm (60 mil - 200 mil)

固体

Kynar® またはKynar Flex® 容器は射出成形(一般的に小型)、溶接、もしくは回転成形される。

140°C (284°F) まで

一般的に大気圧

任意のサイズを製造可能

3 mm - 101 mm (1/4" - 4")

容器

タイプ

説明

温度2

圧力1

利用可能なサイズ

ポリマー層の厚さ

シートライニング鋼

裏地付きのKynar® またはKynar Flex® シートを隙間無く液体接触面に取り付け、または溶着させて、 腐食および不純物から保護する。

107°C (225°F) まで

鋼容器の限界まで

任意のサイズのタンクをライニング可能

1.5 mm - 5 mm (60 mil - 200 mil)

スプレーコーティング鋼

Kynar® またはKynar Flex® 粉末を金属面に何度か塗布して焼き付け、連続層を形成する。

93°C (200°F) まで

鋼容器の限界まで減圧

2 m x 6 m (6.5' x 20') まで

0.64 mm - 2.29 mm (25 mil - 90 mil)

デュアルラミネート

Kynar® またはKynar Flex® シートを容器状に成形し、 ガラス繊維強化プラスチック(FRP)で包む。

125°C (257°F) まで

最大1.03 MPa(150 psi)

6 m x 30.5 m (20' X 100') まで

1.5 mm - 5 mm (60 mil - 200 mil)

固体

Kynar® またはKynar Flex® 容器は射出成形(一般的に小型)、溶接、もしくは回転成形される。

140°C (284°F) まで

一般的に大気圧

任意のサイズを製造可能

3 mm - 101 mm (1/4" - 4")

パイプ・バルブ・継手部品 1

タイプ

説明

温度2

圧力1

利用可能な直径

接合方法

固体

押出成形、機械加工、もしくは射出成形された、無被服のKynar®またはKynar Flex®部品

140°C (284°F) まで

4 MPa(580 psi)まで減圧

20 - 400 mm (1/2" - 16")

突合せ融接、ソケット融接、機械継手、ねじ継手、フランジ継手、IR、スムーズ・インナー・ボア、ビードおよびクレビス・フリー、電気融接

FRPラッピング

押出成形もしくは機械加工され、厚い繊維強化プラスチック層で被覆されたKynar®またはKynar Flex®部品

140°C (284°F) まで

1.03 MPa(150 psi)まで減圧

ほとんどすべてのサイズを製造可能

突合せ融接、フランジ継手

ライニング鋼l

炭素鋼またはステンレス鋼に施された押出成形のKynar Flex®ライニング

135°C (275F°) まで

3.28 MPa(475 psi)まで減圧

25 - 250mm (1" - 10")

溶接、フランジ継手


Kynar®成形バルブとKynar®ライニング鋼バルブには、ボール、ダイヤフラム、バタフライ、ボールチェック、リリーフ、チェック、プラグなど、多くの形があります。

チューブ・フィッティング1

タイプ

温度2   

圧力1

利用可能な直径

軟質チューブ

225°F (107°C) まで

300 psi(2.07 MPa)までの定格

1.6 - 152.4 mm (1/16" - 2")

硬質チューブ

250°F (121°C) まで

230 psi(1.59 MPa)までの真空定格

3.2 - 324 mm (1/8" -12-3/4")

 

フィルター繊維・織物

タイプ 温度 強靭性 (cn/tex) 利用可能なデニール
マルチフィラメント繊維 302° F (150°C) まで >26 10-40μ *
織物 302° F (150°C) まで >26 10-40μ *

*1μまでの繊維はKynar® 705 PVDF樹脂で作られています。

1 - 上記のKynar®部品の温度、圧力、およびサイズのデータは、業界のデータをまとめたものであり、説明のためにのみ記載しています。システムの実際の温度定格や圧力定格、ならびに耐薬品性は、多くの環境要因に左右されます。運転温度が高くなると、Kynar®部材の耐圧性は低下し、逆に運転圧力が高くなると、最高使用温度は低下します。運転圧力または運転温度が高くなると、部品の厚みを増す必要があります。Kynar®部品を購入する前に、それらの条件についてKynar®部品の供給者にお問い合わせください。
2 - Kynar®部品は、一定の条件下で、–30°C(-22°F)の低温に長時間耐えることができます。Kynar®部品の最低使用温度についてはKynar®部品のメーカーにご相談ください。