流体管理

エアインテークホース

金属とゴムをプラスチックに置き換えることは、軽量自動車に与える影響により、何年にもわたる継続的な傾向となっています。ガソリンエンジンへのターボチャージャーの使用の増加とターボチャージャー出口温度の上昇により、革新的なプラスチックの必要性はかつてないほど高まっています。OEMがエンジンの消耗レベルと汚染レベルを低減するうえで、高圧縮比に加えてターボチャージャーを搭載することは、強力なツールです。ますます高度になっているOEMアーキテクチャ(例えば、水-CAC)に応じて、プラスチックは今後さまざまなニーズに応えていかなければなりません。

 

用途における課題:

  • 限定的な劣化による空気およびオイルの劣化
  • 他の流体の劣化(ブローバイ、燃料、LP-EGR凝縮水)
  • 崩壊するエアダクト
  • 帯電空気: 脈動圧力(動きあり)
  • 室温および低温での柔軟性

ソリューション:

Orgalloy® PA アロイ

  • クリーンエアダクトおよびインタークーラー外側ホース用
  • TPC-ETからOrgalloy® LT ESへの切り替えが容易

 

TPC-ETと比較したときのメリット:

  • 最高150℃の優れた耐熱性(連続)
  • より低い密度(最大15%)
  • より良好な耐薬品性(特に、酸に対して)
  • 大型ホースの場合、押出ブロー成形を可能にする優れた溶融強度

 

ソリューション:

  • Orgalloy® LT 5050 ES BLACK TL (データシート US/SI)
  • Orgalloy® LT 4060 ES BLACK T6L - 高い柔軟性

          (データシート US/SI)

 

 

Rilsan® HT 柔軟性PPA

  • ターボ外側ホースおよびインタークーラー外側ホース用
  • 耐高温性と柔軟性を兼ね備えた最初のPPA

メリット:

  • 最高160℃の優れた耐熱性(連続、2000時間)
  • 最高170~180℃の優れた耐熱疲労性(最高300時間)
  • 容易かつ費用対効果の高い加工
  • 低密度および部分バイオベース

 

ソリューション:

  • Rilsan® HT CESV BLACK P010 TL  (データシート US/SI)
  • Rilsan® HT CESV BLACK P223 TL - 高い柔軟性
  • Rilsan® HT CESV BLACK P323 TL - 非常に高い柔軟性

 

Rilsan®  シリーズについてさらに詳しく

Orgalloy®で作られたエアインテークホース
Rilsan® PA11で作られた吸気用ダクト

ブレーキブースターライン

 

ブレーキブースターラインのような安全ラインに関しては、一切の妥協は許されません。このようなラインには、ハイエンドの信頼性の高い性能を備えた材料を使用しなければなりません。Rilsan® PA11とRilsamid® PA12は、長年にわたってこの用途で選択されている材料です。

 

用途における課題:

  • 低温でも高い柔軟性
  • 熱劣化後の優れた機械的特性
  • 高い耐崩壊性
  • アグレッシブ媒体(ブローバイガスを含む)に対する耐薬品性

 

ソリューション:

  • Orgalloy® (PA alloys) - 高柔軟性、耐薬品性、耐熱性を有するポリアミドアロイ
  • Rilsan® T PA1010 およびRilsamid® PA12 - 優れた耐薬品性、耐熱性を有する長鎖ポリアミド
  • Rilsan® HT flexibile PPA - 高耐熱性と耐薬品性を有する柔軟性芳香族ポリアミド
ブレーキブースターライン

水系冷却配管

水とグリコールの混合物 (LLC:ロングライフクーラント) は、ポリマーに対する最もアグレッシブな流体の1つです。ポリアミドは加水分解に影響されやすいものですが、Rilsan® PA11およびRilsamid® PA12のような長鎖ポリアミドは一般にPA6やPA66と比較すると耐加水分解性に優れています。。適切な配合によって、これらの樹脂はエンジンルーム内の最も厳しい条件の多くに耐えることができます。最近まで、これらの用途は小径チューブとと限られた温度環境に限られていましたが、現在では、これまで耐熱EPDMゴムで構成されていた非常に厳しいラジエーターインレット/アウトレットホースの製造にRilsan® PA11グレードが使用されています。最も厳しいOEM仕様にも耐えることができるポリアミドであるRilsan® HT柔軟性PPAグレードの使用により、この飛躍的な進歩が可能になりました。

 ソリューション:

耐熱温度 (ºC)

グレード

100 - 110 Rilsamid® PA12 AESN black P110 TL
110 - 115 Rilsan® PA11 BESN black P123 TL
120 - 125

Rilsan® HT CESV black P010 TL

Rilsan® HT CESV black P223 TL

125 - 135 Rilsan® HT CESV black P123 TL
水冷回路

トランスミッションオイル冷却回路

 

TOC回路チューブは、非常に高温のオイルとの永続的な接触に耐えることができなければなりません。また、柔軟性もなければなりません。現在では、Rilsan® HT柔軟性PPAグレードを採用することにより、OEMは金属およびゴムを柔軟なプラスチックチューブに置き換えることができます。これらの樹脂は、長年にわたってTOC回路チューブで高い性能を発揮しており、何本かのホースが製造されています。また、ドイツのOEMとともに、最高220℃の温度に耐えることが確認されました。

 

ソリューション:

  • Rilsan® HT CESV BLACK P010 TL (データシート US/SI)
  • Rilsan® HT CESV BLACK P010-HP - より低い柔軟性が必要な場合の高圧用. (データシート US/SI)
  • さらに、Rilsan® HT樹脂と中間層としてのRilsan® Tieflex S452 BLACK T6L (データシート US/SI) のような高性能PA
自動車用トランスミッション冷却回路

空調回路

ACラインは、高い耐薬品性と極めて低い冷媒透過性とともに、非常に高い圧力性能と柔軟性を必要とします。一般的には、重量のある多層ゴムホースを使用して、システムの柔軟性を確保しますが、重量が加わることによって騒音減衰が損なわれます。

 

Orgalloy® ポリアミドアロイは、何十年にもわたって、バリアホースとベニヤホースの両方でR134a冷媒バリア層として使用されています。最新のR1234yf流体は耐薬品性に関する多くの課題をもたらしましたが、Orgalloy® 樹脂はこの用途でも高い性能を維持することが最近確認されました。明らかに、アルミニウムとゴムのラインを完全にプラスチック組成物に置き換える傾向にあります。アルケマは、この要求を満たすために、高性能ポリマーソリューションを数多く揃えています。

主な性能特性:

  • 優れた加工性
  • 各種ゴムとの良好な接着性
  • 優れた耐薬品性(例えば、冷媒、オイル、水分)
  • 極めて低い透過性レベル(柔軟性グレードを含む)

 

ソリューション:

  • Orgalloy® RDG 113 (データシート US / SI)
  • Orgalloy® EM 067 - より高い柔軟性と減衰効果のため (データシート US / SI)
  • Orgalloy® LT 5050 - 透過性/柔軟性のベストバランスのため (データシート US / SI)
空調ホース

ご存知でしょうか...

Rilsan® HT製品ラインは、高温熱可塑性物質の冷却ラインに新たな機会をもたらします。最初の柔軟性PPAとしてアルケマが8年前に投入したRilsan® HTグレードは、自動車業界に大きな影響を与えています。これらの樹脂の高温での優れた耐薬品性と全体的に優れた耐熱性により、安心してアルミチューブとゴムホースを置き換えることができます。

 

Rilsan® HTポリマーは、平滑および波形チューブ押出成形、さらには熱成形で加工することができます。Rilsan® HTグレードのチューブは、軽量化とシステムコストの削減を実現します。

Rilsan®で作られた温度計

アルケマの資料をダウンロードしてご覧ください!

 
お問い合わせ