生物医薬品産業

生物医薬品産業では、特殊化学薬品や高純度水を処理するための優れた特性、ならびに医薬品の処理に必要なさまざまな殺菌方法に対する耐性を備えた材料が必要です。 Kynar®には、この成長産業の厳しい条件と規制上の要件に対応できるグレードがあります。

実験室

Kynar® PVDFの概要

酸、塩素と臭素に対する優れた耐性が要求される生物医薬品用途では、プロセス配管、ポンプ、チューブ、タンク、フィルター、およびその他の液体処理機器に、Kynar® PVDFが広く使用されています。耐薬品性に加えて、Kynar® PVDFは、オゾン殺菌、化学漂白、水蒸気殺菌など一般的な殺菌方法に耐性があります。

Kynar® PVDFの一般的な用途

 

用途:

代替:

上限:

目的:

塩素化および臭素化化学薬品への暴露

チタン

合金20

PTFEライニング鋼

PFAライニング鋼

275°F (135°C)

低コスト

設置が容易

低透過性

高温の酸(例:HF、HCl、H2SO4、HNO3、クロム、HBr)への暴露

チタン

合金20

PTFEライニング鋼

275°F (135°C)

低コスト

設置が容易

さまざまな濃度の薬品に対する耐性

アルコール+酸/塩化物/炭化水素

ポリプロピレン

高密度ポリエチレン

194°F (90°C)

さまざまな濃度の広範な薬品に対する耐性

高圧+高温

PVC

ポリプロピレン

CPVC

285°F (141°C) および室温で340 psi

高温強度での靭性

高圧力定格

広範な薬品に対する耐性

 

完全なソリューションを提供する加工の容易性

配管 320w

熱可塑性Kynar® PVDF樹脂製品群の特徴は、溶接と後加工が容易なことです。Kynar® PVDFでは、融点と分解開始温度の差が大きいため、次のような溶接が可能です:突合せ融接、ソケット融接、電気融接、ビードおよびクレビス・フリー、熱風溶接、型押し圧接、超音波溶接、およびホットラミネート法。それにより、複数の配管接合、タンク、容器、特殊薬液処理機器の製造などが可能になります。さらに、Kynar® PVDFとKynar Flex® PVDFを使用すれば、硬質フッ素ポリマーと軟質フッ素ポリマーを確実に接合することができます。

 

 

滑らかな表面仕上がり

Kynar® PVDFには、分子量分布とMFRに留意して設計され、射出成形や押出成形で表面が滑らかな部品を作成できるグレードがあります。この特長は生物医薬品産業では非常に重要であり、クレビスや細孔が少ないため、細菌の増殖が抑制されます。 

2年間使用後の表面比較

Kynar® PVDF 2年間使用後の表面の光沢

注:63 mmパイプ(2 1/2");精製水速度1.5 m/sec;夜間殺菌(30 PPMオゾン);使用年数2年

工業規格への適合

 

Kynar® PVDFおよびKynar Flex® PVDF樹脂は、連邦規則21条、第1章、第177.2510部または第177.2600部、USPクラスVI、NSF 51&NSF 61、ならびにChicago Rabbinical Council(CRC)のKosher認証に則して試験済みのグレードがあります。

Kynar® PVDFの資料をダウンロードしてご覧ください!

 
ko en cn
お問い合わせ