ナイロンフィルム改質

ナイロンフィルムの柔軟性や靭性の改質にはPebax® が推奨されます。

黒と透明のナイロンフィルム

ナイロンフィルム用途

PA6またはPA66から製造されたナイロンフィルムが長年採用されています。強靭性、透明性、費用対効果などが採用理由として挙げられます。要求特性が厳しく、靭性、耐久性が最も重視される工業用途、特に、ガス、脂質、芳香伝達に高いバリア性が要求される場合、理想的な材料として選択されています。これらの用途では、高い耐衝撃突刺性、耐ピンホールが求められます。

 

しかしながら、これらのフィルムには、深刻な課題があります。根本的にナイロンは吸湿性が高く、吸水により寸法安定性にかけ、また、もろく、結晶化度が高く突刺、裂け、亀裂の原因にもなります。

独自の改質材

Pebax® は従来のナイロンフィルムの改質材とし使用される高機能、熱可塑性エラストマーです。このポリマーをナイロン原料に添加することで、フィルムの耐突刺性および引張強度を改善することができます。その結果、改質されたナイロンフィルムは様々工業用途で採用され、破断することなく延神、引張、減圧などを行うことが可能です。

 

Pebax® を添加したPA6フィルムは、特に低温および低湿度での優れた特性を示すとともに、透明性を維持視しつつ、柔軟性を改善します。

 

各工業用途で異なる特性が要求されます。詳細情報、推奨事項については弊社までお問い合わせください。

 
お問い合わせ