粉末床溶融結合 (PBF) 用熱可塑性樹脂粉末

粉末床溶融結合 (PBF) 用熱可塑性樹脂粉末

アルケマは50年間にわたり、さまざまな市場で最高の機能を発揮するポリマーを開発してきました。当社はその伝統を基盤として、粉末床溶融結合 (PBF: Powder bed fusion) 技術を対象とする幅広いパウダー製品を提供しています。アルケマ社はパートナー企業様との協力のもと、新規材料の設計と新たな用途の発見に継続的に取り組み、お客様が3Dプリンティングの可能性を最大限に引き出すためのサポートを行っています。

Rilsan® ポリアミド11

Rilsan® ポリアミド11パウダーは、100%植物由来の高性能ポリアミドです。Rilsan® ポリアミド製部品は、ポリアミド12を上回る機械的性質を備え、優れた耐衝撃性と高い延性、弾力性、軽量性を有しています。

またリフレッシュレートが小さい (一般にパートケーキの50%) ことから、Rilsan® ポリアミド11は積層造形による最終生産の設計・製造用材料としても選ばれています。

現在では、自動車やトラック、航空機、医療機器に部品が使用されています。Rilsan® ポリアミド11は、他の材料を上回る機械的強度と耐久性を備えています。そのため、積層造形プロジェクト用材料としてRilsan® ポリアミド11を選択する企業が増加しています。

特徴

  • 100%植物由来‐持続可能なヒマシ油
  • PA12を上回る弾力性と延性
  • 優れた耐衝撃性
  • 優れた粉末床溶融結合加工特性
  • USPクラスVI要件(ナチュラル色)に準拠
  • マット仕上げ(黒色品番)

対応造形技術

  • SLS
  • MJF

Kepstan® PEKK

Kepstan® PEKK (ポリエーテルケトンケトン) パウダーは、PAEK (ポリアリルエーテルケトン) 製品グループに最近追加された製品です。この製品は使用可能温度域が非常に高く、耐化学薬品性を備え、難燃性に優れているため、金属代替に適した材料です。

Kepstan® PEKKは、以上の属性に加えて機械的性質も優れていることから、特に航空宇宙業界における積層造形用材料として既に人気を集めています。またKepstan® PEKKはPEEKと比較してリフレッシュレートが低く、非常に簡単に加工することができます。

特徴

  • 優れた耐熱性
  • 難燃性、少ない発煙量、低い毒性
  • 優れた耐薬品性
  • 優れた機械的性質、摩耗特性、衝撃特性

対応造形技術

  • SLS

Orgasol® ポリアミド12

Orgasol Invent Smooth パウダーは、3Dプリンティング専用に開発されたポリアミド12です。ポリアミド12は、良好な物理的性質と化学的性質、機械的性質を兼ね備えた熱可塑性ポリマーです。
Orgasol は真球形状を有し、粒径分布が狭いことから、複雑な表面気密性の求められる部品の試作用として理想的な材料です。さらに輪郭の解像度に優れており、後処理を行うことなく、非常に滑らかな表面を実現することができます。

特徴

  • 優れた部品精度(表面平滑性)
  • 市場で最も小さいリフレッシュレート(高い経済性)
  • 射出成形部品と同等の滑らかな仕上げ
  • 後処理作業を最小限に抑制
  • 優れた耐退色性

対応造形技術

  • SLS
ko en cn
お問い合わせ