ろ過材固定化技術

世界的水供給への挑戦

世界中でより高品質の飲料水に対する大きな需要があります。
地球上に住む約10億人の人々は、きれいな飲料水や基本的な衛生設備に簡単にアクセスできません。 都市化への継続的な取り組みは、汚れた水をきれいにする技術にますます圧力をかけます。 同時に、適切な処理をせずに農業用水が再利用されています。この悪循環は、ろ過技術の課題にさらに圧力をかけています。

最近の研究では、一部の米国の学校と多くの米国の都市の自治体の飲料水システムに鉛が含まれていることが示されています。 これにより、塩素やクロラミンといった消毒剤、揮発性成分「VOC」、そして鉛(Pb)や水銀(Hg)などの重金属などへの消費者が意識を持つことや、優れたろ過方法の必要性が強調されました。アルケマは、機能性バインダーFX415およびFX316でPbおよびHgと言った重金属に対応します。 Kyblock® 機能性バインダーはPbとHgに最も良い性能を発揮すると確信していますが、PbとHgや他の重金属によく使用されるヒ素などの添加剤があることを認識しています。  Kyblock® バインダーは、PbおよびHgで使用される一般的な添加剤と相溶性がありますが、ヒ素の吸着によく使用される活性アルミナ、酸化鉄、水酸化ジルコニウムなどの添加剤とも使用できます。

カーボンブロックを固定化したフィルターは、ポイントオブユース(POU、例:冷蔵庫や流し台など)とポイントオブエントリー(POE)の両方で、家庭用水道からの汚染物質をろ過するための基本技術となっています。 アルケマはこれまで、ろ過膜用のKynar® PVDFで水ろ過と飲料水に取り組んできましたが、ろ過材を固定化したフィルターを改善するための新しいNSF61認定のPVDFバインダーテクノロジー、Kyblock® バインダーも開発しました。

Kyblock® バインダーを使用すると、吸着能力が向上し、小型設計が可能となるため、より効率的なカーボンブロック、媒体を固定化したフィルターが可能になります。 その後、消費者は、より優れた品質の飲料水を長期間にわたって利用できるという利点があります。

工業用途への適用可能性

Kyblock® バインダーは、Kynar® PVDF樹脂と同様に、耐薬品性および耐熱性があり、工業用途に最適です。 したがって、アルケマのKyblock® バインダーを使用すると、性能の低いの他バインダーではこれまで実行できなかった過酷な環境でろ過材を固定化したフィルターを使用できます。

活性炭に加えて、Kyblock® バインダーは、ゼオライト、モレキュラーシーブ、その他の添加剤を含む他の媒体と併用でき、水および工業用途の両方で吸着性能を向上させます。

液体ろ過からガス貯蔵まで、Kyblock® バインダーが現在の固定化されていないろ過材によるフィルターを改善できる市場や用途は数多くあります。 ろ過材をKyblock® バインダーで固定すると、次のようなメリットがあります。

 

  • トンネリングを排除
  • 容積吸着能力がアップ
  • メーカーやユーザーにとって扱いやすい
  • 下流の汚染を減らします

 

右図のように、Kyblock® バインダーは圧縮成形または押し出し成形できます。

Kyblock® 高性能バインダー:

  • 高い耐薬品性
  • 耐熱性 (150℃まで)
  • ファウリングが少ない
  • バインダー量は少なく済む
  • VOC、塩素、クロラミン、重金属:Pb、Hgの吸着能力向上
  • 微粉および小粒子サイズのメディアの保持が向上
  • ろ過材の初期洗浄の削減
  • ろ過材生産性の向上
  • 最適化されたろ過材構造
 
ko en cn
お問い合わせ