Oleris® ウンデシレン酸 (植物由来)

Oleris® ウンデシレン酸 (ウンデセン酸) は、末端に二重結合を有する直鎖脂肪酸で、香料化学物質、ポリマー、シリコーンの改質剤の中間合成体として利用され、塩を生成して抗菌剤として利用することもあります。

識別情報

Oleris® ロゴ
  • CAS登録番号:112-38-9
  • 化学物質名:ウンデシレン酸
  • 慣用名:10-ウンデセン酸、10-ウンデシレン酸、ウンデス-10-エン酸、10-ヘンデセン酸

世界初の持続可能なトウゴマ栽培支援 Pragatiプログラムの創設メンバー

Pragatiプロジェクトの目標は、持続可能なヒマ作物の栽培です。

Pragatiプロジェクトの詳細についてはこちら。

製品特性

Oleris® ウンデシレン酸(CAS 112-38-9)
  • 純度 97%以上
  • 100%植物油 (ひまし油) 由来
  • 100%直鎖かつ末端に二重結合を有する二官能性脂肪酸
  • 医療用医薬品用途への使用を禁ずる
  • 一般工業用途に限定
  • 化学式:CH2=CH-(CH2)8-COOH

主要用途

Oleris® ウンデシレン酸は、合成中間体として、興味深い構造の有機化合物の合成を可能にします。

  • 化粧品:静菌特性を持つ塩 (Zn/Ca) 誘導体
  • 香料・香味料用途:合成中間体、防臭特性を生かした製剤
  • ポリマーと変性シリコーンの原料

化粧品用途

化粧品
  • Oleris® ウンデシレン酸は、天然の脂肪酸であり、人間の汗、涙、髪に含まれる生理化学物質です。
  • 塩 (カルシウムおよび亜鉛)、植物由来のエステル、またはエタノールアミド誘導体、これらの合成中間体として使用されます。
  • INCI名:ウンデシレン酸。

香料・香味料用途

二官能性を利用して、Oleris® ウンデシレン酸は、以下の香料化学物質の合成中間体として利用されます

香水

10-ウンデセナール

ジヒドロジャスモン(3-メチル-2-ペンチル-2-シクロペンテン-1-オン)

10-ウンデセノール

フルーティーな桃のような特徴を持つγ-デカラクトン(2-デカラクトン)

γ-ウンデカラクトン

花

エステル類

香水

大環状ムスク

Oleris® ウンデシレン酸は、エステル・塩などの誘導体のかたちで、防臭製剤に使用されます。

Oleris® ウンデシレン酸の認証

エコサート認証ロゴ

  • Oleris® ウンデシレン酸は、Kosher認証 (BSE:牛海綿状脳症-TSE:伝達性海綿状脳症を含まない) を受けており、GMO (遺伝子組み換え作物) も含みません。
  • Oleris® ウンデシレン酸は、オーガニックコスメ原料としてエコサート認証を取得しています。

世界初の持続可能なトウゴマ栽培支援 Pragatiプログラムの創設メンバー

Pragatiプログラムは、アルケマ、BASF、Jayant Agro-Organics、国際NGO団体Solidaridadからなり、世界初の持続可能なトウゴマ栽培を可能にする、以下の支援活動を展開しています。

  • 収穫量と農家所得向上に資する優れた農法の活用
  • 水資源の効率的な利用、および肥沃な土壌の維持
  • 適切な廃棄物管理事例の採用推進
  • より健康的で安全な農作業の実現と人権の尊重
ko en cn
お問い合わせ