Orgasol® による優れた手触り感の付与

Orgasol® はコーティング表面に特徴的な「手触り感」を付与する添加剤としても使用されています。5~60ミクロンの範囲で平均粒径を選択できるOrgasol® は、コーティングの膜厚とグレード選択による平均粒子径の比率を調整することで、滑らかな触感から粗目の手触り感へと変化させられます。このように、Orgasol® の特異な球形状と粒径分布幅の狭さにより、手触りの良さと滑り止め性を兼ね備えた、均一でユニークな表面質感が得られます。

Orgasol® とRilsan® Dの粒子形状

Orgasol®とRilsan® Dは、それぞれ製造工程が異なるため、コーティングに添加した際の表面質感は異なったものになります。Orgasol® は、重合プロセスで直接、造粒します。粉砕による粉末形成は行いません。
一方、Rilsan® Dは、重合して得られる塊を粉砕し、粉末形成します。電子顕微鏡写真を撮影すると、Orgasol®とRilsan® Dの形状の違いは明らかです。

Orgasol® 電子顕微鏡写真

Orgasol® 2002 ES5

Orgasol®とRilsan® D の電子顕微鏡写真

Rilsan® D NAT

Orgasol® もしくはRilsan® Dで表面の「手触り感」を形成

Orgasol® 手触り感の図表

コーティング表面に「手触り感」をだすには、コーティングの乾燥被膜厚 (DFT) より大きな平均粒径のOrgasol® またはRilsan® Dを選択してください。添加したOrgasol® の粒径が最適ならば、「やわらかい触感」や「さらっとした触感」が得られます。添加したRilsan® Dの粒径が最適なとき、「砂のようにざらついた」または「やすりのような粗い」触感が得られます。

Orgasol® の特徴

  • やわらかい手触り感を付与
  • 粒径分布の幅が狭い
  • ユニークな粒形状

Rilsan® Dの特徴

  • 「砂のようにざらついた」「やすりのような粗い」触感
  • 粒径分布の幅が狭い
  • 不規則な粒形状

100%UV硬化コーティングへのOrgasol® の添加効果

Orgasol® とRilsan® Dは、添加対象のコーティングに求められる特性のうち2項目以上の改善が期待されているときに有効です。例えば、Orgasol® をUV硬化コーティングに添加すると、より柔らかな手触り感が得られます。 さらに、コーティングの艶消し効果が得られたり、コーヒーなどのシミに対する防汚染性を高めたりできます。しかも、他のコーティングの特性に悪影響を及ぼしません。

配合組成

成分 メーカー 重量 %
CN6510EU Sartomer 87.0
Orgasol® 3501 EXD NAT1 Arkema 4.3
Byk® 2008 Altana 0.4
Acematt® 3300 Evonik 4.0
Speedcure 73 Lambson 4.3

 

触覚特性:やわらかい手触り感

 

光沢度 (85°)

  • シリカのみの配合:34 UB
  • Orgasol® とシリカ:27 UB

 

物理的特性

  • Persoz硬度:155 s
  • 耐スクラッチ (傷付き) 性 (鉛筆硬度):7H

 

耐汚染性

  • Orgasol® 配合によるコーヒー染み耐性の発現
 コーヒー染み (6時間後、シリカのみの場合)

コーヒー染み (6時間後、シリカのみの場合)

コーヒー染み (6時間後、シリカ+Orgasol®配合)

コーヒー染み (6時間後、シリカ+Orgasol® 配合)

この事例では、艶消し効果とコーヒー染みへの耐性が改善し、その他のコーティングの特性は維持しています。

ko en cn
お問い合わせ