X

By browsing this website, you accept the use of cookies, which helps us provide you with services and offers matching your centers of interest and compile visitor statistics. More on cookies

Up

Pebax® エラストマーの成形加工方法

Pebax® は優れた成形加工性を有し、主な熱可塑性樹脂の加工技術で、成形することができます。

  • 射出成形
  • 押出(キャストフィルム、インフレーションフィルム、シート、チューブなど)
  • 複合化(オーバーモールド、共押出しなど)

 

保管・取扱い

未開封の材料は再乾燥不要ですぐに使用できます。

  • 高湿を避け、40-50℃で保管してください。
  • 結露によるによる吸湿を防ぐため使用の24時間前に材料を作業場所に移動させてください。
  • 保証期間は出荷後2年間です。
  • 開封後2時間を経過したペレットは再乾燥が必要となります。
  • 材料が残った場合は吸湿を防ぐため袋を閉じて次回の使用まで保管してください。
  • 通常Pebax® の加工に加熱ホッパーは不要です。
  • 材料が残った場合には、次に使用するまでヒートシール等で密封して保管して下さい。

 

乾燥条件

開封後2時間経過したペレットは、使用前に再乾燥してください。

 

乾燥の際には、効率的な乾燥を行うために、清潔で平坦な金属トレイをご使用ください。アルケマでは、酸化・変色を防ぎ、短時間で乾燥可能な真空乾燥機の使用を推奨いたします。適切に保守された除湿乾燥機も効果的です。除湿機能の無い空気循環型乾燥機では、酸化・変色のリスクが高くなります。

       

3533

2533

除湿乾燥機または真空乾燥機

温度 (°C)

70-80

70-80

65-75

65-75

60-70

60-70

55-65

55-65

時間(時)

5-7

5-7

4-6

4-6

4-6

4-6

4-8

4-8

 

射出成形

Rilsan® PA11のレオロジー特性により

  • 他の熱可塑性エラストマー(特にTPU)と比較して加工温度が広範囲
  • 薄肉部品(最小0.8 mm)の成形が可能
  • 短いサイクルタイム
  • 高いリサイクル性
  • 正確な寸法制御につながります。

推奨条件:

  • 滞留時間:10分未満
  • 計量値:総ショット容量の25~80 %
  • 圧縮比:2.2  ~ 2.8
  • L/D:18~22
  • 適切なチェックバルブ
  • 収縮率:0.5~1.5 %
  • Pebax® グレードと成形品の形状、射出条件に応じて変化します

射出成形条件

融点 (°C)

Pebax®

グレード

7233

7033

6333

5533

4533

4033

3533

2533

最小

230

230

230

200

200

200

180

180

推奨

260

260

260

240

240

240

210

210

最大

290

290

290

270

270

270

240

240

 

金型温度(°C):

Pebax®

グレード

7233

7033

6333

5533

4533

4033

3533

2533

推奨

25-60

25-60

25-60

25-60

10-30

10-30

10-30

10-30

 

ドライブレンドに関して

幅広い硬度と柔軟性のバリエーションを提供するPebax® ポリマーは、単体でも様々な用途に使用することが可能です。しかしながら、より精密な物性制御のために、複数のPebax® 樹脂を配合することもできます。Pebax® ポリマーの配合やドライブレンドに関しては当社までお問合せ下さい。

オーバーモールド

インサート成形は、ガラス、金属、ポリマー、テキスタイルなど様々な材料を用いることにより、無数の組合せが可能です。オーバーモールド技術は、スパイクシューズなどのスポーツフットウェアのソールの製造に広く使用されています。Pebax® 樹脂は幅広い条件下で成形できるため、オーバーモールディングにも適した材料です。Pebax® エラストマーのインサート材への接着性は、成形条件を調整することにより最適化が可能です。さらに詳しくは、下記のオーバーモールド用材料をご覧いただくか、お気軽に当社までお問い合わせ下さい。

 

  • Pebax® がオーバーモールドできる材料:
    他のPebax® グレード、TPU(望ましくはエーテル系)、PVC、皮革、コーティング部品など

 

  • Pebax® にオーバーモールドできる材料:
    Rilsan® PA11、Rilsamid® PA12、Rilsan® Clearなど

押出成形

Pebax® 樹脂のレオロジー特性により、多くの押出および共押出技術を利用できます:

  • 最小10 µmまでのキャストまたはインフレーション成形フィルム
  • シート
  • チューブ類

 

Pebax® グレードは一般的な成形機で成形することができます。
チューブのサイジング、インフレーションフィルムの延伸、カレンダー成形の冷却条件などについては、当社までお気軽にお問い合わせください。

押出条件

融点(°C):

Pebax®

グレード

7233

7033

6333

5533

4533

4033

3533

2533

最小

220

220

210

210

210

210

190

170

推奨

235

235

225

220

220

220

205

190

最大

250

250

240

230

230

230

220

210

 

 

着色、溶着、加飾、熱成形、昇華印刷…

Pebax® の成形加工方法については、カタログをダウンロードしていただくか、当社までお問い合わせください。

en cn