X

By browsing this website, you accept the use of cookies, which helps us provide you with services and offers matching your centers of interest and compile visitor statistics. More on cookies

Up

加工および取り扱い

さまざまな加工方法

Pebax® は主な熱可塑性樹脂加工技術で優れた加工特性があると立証されています。

 

  • 射出成形
  • 押出(キャストフィルム、インフレーションフィルム、シート、チューブ、その他)
  • オーバーモールディングと共押出

取り扱いについて

 

  • 未開封のバックは再乾燥せずにすぐに使用できます。
  • 高湿を避け、40-50℃で保管してください。
  • Pebax® の加工には加熱ホッパーは不要です。
  • 結露を防ぐため使用の24時間前にバッグを作業場所に移動させてください。
  • 開封後2時間を経過したペレットは使用を避けてください。
  • ホッパー供給後の開封済みバックの口は閉じて吸湿を防いでください。
  • 開封したバックは、バッグは再シーリングをし、次回の使用まで保管してください。
  • バッグ保存条件:高温多湿を避け、風通しのよい場所で保管してください。
  • 保証期間:2年間

乾燥条件

開封後2時間経過したペレットは、使用前に再乾燥してください。

 

アルケマでは、酸化を防ぎ、高温・短時間で乾燥可能な真空乾燥機の使用を推奨いたします。また使用に際しては、効率的な乾燥を行うために、清潔な金属トレイをご使用ください。

 

定期的なフィルター交換が必要な、乾燥剤入り乾燥機も効果的です。空気循環型乾燥機では、酸化リスクが高くなります。

射出成形

 

  • 滞留時間 10分以下
  • 25% < injected volume < 80% of total shot capacity
  • 2.2 < compression rate < 2.8
  • 18 < L/D < 22

 

選択されたPebax® グレードと射出条件に応じて、収縮率は一般的に0.5~1.5%です。

 

Pebax® 樹脂のレオロジー挙動により、他の熱可塑性エラストマー(特にTPU)と比較して加工温度が広範囲です。Pebax® ポリマーは非常に薄い部品(最小0.8 mm)に射出できます。また、短いサイクルタイム、高いリサイクル可能性、および正確な寸法制御にもつながります。

射出成形 推奨温度 (°C)

 

Pebax® グレード

7233

7033

6333

5533

4533

4033

3533

2533

最小

230

230

230

200

200

200

180

160

推奨

260

260

260

240

240

240

210

210

最大

290

290

290

270

270

270

240

240

 

融点 (°C)

 

Pebax® グレード

硬質のPebax® (5533から 7233)

軟質のPebax® (2533から4533)

推奨

25-60

10-30

 

乾燥配合の相容性

 

幅広い硬度範囲を提供するPebax® ポリマーは、大半の用途に適しています。しかし、特異性をより高めるために、さまざまなグレードのPebax® 樹脂を配合することができます。アルケマの技術者がお客様の仕様基準に合わせたPebax® ポリマーの配合の選択をお手伝いします。

オーバーモールド

 

インサート成形は、ガラス、金属、ポリマー、布などの材料について、可能性の無限の組合せを提供します。

オーバーモールド技術は、フットボールおよびスポーツフットウェアのソールの製作に広く使用されています。Pebax® 樹脂は広い可塑化範囲を持ち、オーバーモールドに非常に適しています。成形パラメーターを調整することで、インサート上へのPebax® 樹脂の接着を最適化できます。

 

 

  • Pebax® 樹脂がオーバーモールドできるもの:Pebax® ポリマー、TPU(望ましくは エーテル系)、PVC、革、コーティング部品など
  • Pebax® 樹脂をオーバーモールドできるもの:Rilsan® ポリアミドグレード、Rilsamid® ポリアミドグレード

Pebax® 樹脂の押出条件

 

Pebax® 樹脂のレオロジー特性により、多くの押出および共押出技術を利用できます:

 

  • 最小10 µmのキャストまたはインフレーション成形フィルム
  • シート
  • チューブ

 

Pebax® グレードは従来の装置で押し出すことができます。チューブの寸法測定やインフレーションフィルムの延伸などの技術、またはシートのカレンダー仕上げの冷却条件についてのPebax® 樹脂に関連する特定の成形パラメーターをアルケマの技術者が提供します。

 

Pebax® グレード

推奨融点

7233

220°C - 250°C

7033

220°C - 250°C

6333

210°C - 240°C

5533

210°C - 230°C

4533

210°C - 230°C

4033

190°C - 220°C

3533

190°C - 220°C

2533

170°C - 210°C

 

en cn