X

By browsing this website, you accept the use of cookies, which helps us provide you with services and offers matching your centers of interest and compile visitor statistics. More on cookies

Up

Rilsan® HT - 高耐熱性ポリマー

Rilsan® HT - 世界で初めての柔軟性芳香族ポリアミド、高温環境となる自動車用途やその他要求性能の厳しい工業用途において金属配管を代替できる材料。まったく新しい種類の高柔軟性で植物由来のPPAは、従来のPPAグレードの耐高温性と、従来にはない柔軟性を兼ね備えており、以前は不可能であった金属代替を可能にしました。

Rilsan® HTと従来のPPAとの違いは?

従来のPPA樹脂は、その特有な脆性のため、剛性の高いまたは射出成形部品への使用に限られています。アルケマはこのギャップを埋めるために、Rilsan® HTを開発しました。 主に長鎖化学に基づいた特定のポリマーマトリックスのため、Rilsan® HTは従来品にはない柔軟性を誇っています。 Rilsan® HTのこの革新的な柔軟性は、PPAベースの材料のステップ変更をもたらし、要求の厳しいエンジンまわりやその他産業用途のような新しい用途で、金属を代替する最初の柔軟性PPAとなりました。
他の高耐熱熱可塑性樹脂とは対照的に、Rilsan® HTは、高温での熱酸化や化学的老化に対する優れた長期耐久性と、非常に低い吸湿性を示し、優れた寸法安定性と低いクリープ傾向をもたらします。

自動車のエンジンルーム

主な性質

Rilsan® HTは長鎖Rilsan® PA11と従来のPPAの両方の特性を提供し、これまでのPPAグレードの耐熱性とこの物質クラスでは未知の柔軟性が組み合わされています。
低吸湿性、熱酸化および化学老化に対する優れた長期耐久性、加工の容易さは、Rilsan® HT樹脂のユニークな性能スペクトルを完成させます。

Rilsan® HT 特性の比較

注目:柔軟性

Rilsan® HTは、PPAの高耐熱性と柔軟性を組み合わせた世界初の柔軟性PPAです。 主に長鎖の化学反応に基づくRilsan® HTは、長鎖のRilsan® PA11と従来のPPAそれぞれの長所を生かし、優れた柔軟性と加工容易性をもたらします。

Rilsan® HT 柔軟性

注目:低密度、軽量性

Rilsan® HT 密度

主な用途

自動車:

  • エアー配管(ブレーキブースタなど)
  • オイル配管(冷却ラインなど)
  • 水系配管(SCRなど)
  • 耐薬品性の要求される部位(ブローバイチューブなど)

 

その他の市場:

  • 空気圧・油圧
  • ケーブル保護
  • モノフィラメント
  • ファイバー

加工

Rilsan® HTは他の長鎖脂肪族ポリアミドと同じ方法での成型が可能です。

  • 押出:PA11 / PA12と同じ装置を使用可
  • 注入:PA11 / PA12と同じ装置を使用可
  • 押出ブロー成形:PA / PEと同じ装置を使用可

 

さらに、Rilsan® HTはスパンボンディング(不織布製造技術)、コーティング、およびフィラメント製造などのさらなる加工にも適しています。 Rilsan® HTは吸湿性が非常に低いため、従来のPPAベースの樹脂に比べて大きな加工領域があり、PPSに比べて全体的に取り扱いが容易です。 これにより、付随的な前工程、後工程を削減でき、歩留まり率の向上に役立ちます。

en cn