ja
top

超高性能な熱可塑性樹脂、フレーク、粉末、およびペレットでご提供可能です。

Kepstan® PEKK Monomers
Kepstan® PEKK(ポリエーテルケトンケトン)樹脂は、2種類のモノマー(テレフタル酸およびイソフタル酸)の組み合わせで作られています。











極めて優れた性能…

Kepstan® PEKKポリマーは、厳しい条件が要求される複数の用途向けに作られています。


  •   極めて優れた高温性能 - 連続使用温度250-260°C、短時間での300°C耐熱

  •   極めて高い高剛性、引張・圧縮強度、耐衝撃性

  •   燃焼に対する高い特性 - 難燃性、低発煙性

  •   低煙性毒性

  •  ほとんどすべての有機及び無機化学に耐性を示します(発煙硫酸及び硝酸、塩化メチレンのような非常に強力な試薬は除く)

  •   高い絶縁耐力 - 優れた絶縁性

  •   高耐圧

  •   驚異的なバリア性(CO2、H2S ...など)

  •   極めて優れた耐摩耗性とCOF(摩擦係数)

…ご希望の使用に合う微調整や特注品も可能です

他のPAEK(ポリアリールエーテルケトン)ポリマー系の他のものとは異なり、アルケマのKepstan® PEKKポリマーは性能面において高度なカスタマイズが可能です。 アルケマはテレフタル酸(「T」)とイソフタル(「I」)モノマーの比を慎重にバランスさせることによって特性の微調整を可能にしています。「T/I」比を制御することにより、目標とする最終部品の加工方法や使用目的に合わせた、結晶化速度および融点のコントロールが可能となります。

ポリマー設計のもう一つの方向性として、アルケマの技術による溶融粘度のコントロールがあります。この技術により流動性の高いグレードと低いグレードを有しています。

これらのグレードは、ガラスまたは炭素繊維、カーボンナノチューブなどのフィラーを添加することも可能です。

その結果、押出成形、3Dプリンティング(選択的レーザー焼結および溶融フィラメント製造)、粉体塗装、射出成形、回転成形、または一方向複合テープ(UDテープ)に含浸することができるハイグレード製品をご提供できます。
特定のプロセスによって生成される特定のグレードは、後処理またはアニーリング条件の慎重な選択によって、さらに最適化することができます。

PEKKとPEEKの比較:PEEK樹脂と比較して、Kepstan® PEKK樹脂は、一般的により高い温度性能(より高いTgおよび時にはTm)、著しく高い圧縮強度、より広範囲の適合特性、改善されたバリア性能およびより良好な摩擦係数係数を提供します。

3つのシリーズ

種類 T/I 比率 融点 (°C) ガラス移転点 (°C) 結晶化速度
8000 80/20 358 165 速い / 半結晶性
7000 70/30 332 162 中間 / 半結晶性
6000 60/40 305 160 遅い/疑似アモルファス

主な用途

用途 6000シリーズ 7000シリーズ 8000シリーズ
3Dプリンティング ◎ GF, CF ◎ CF -
航空宇宙分野ー金属代替 ◎ GF, CF ◎ CF ◎ GF, CF
コンシューマーエレクトロニクス/デバイス ◎ GF ◎ GF
海底油田掘削パイプ ◎ GF, CF ◎ CF ◎ GF, CF
フレキシブル回路 -
高性能摺動部品 - -  ◎
スピーカー用途 -
半導体 ◎ GF ◎ GF ◎ GF
ワイヤー被覆

◎=可能   CF = 炭素繊維強化   GF= ガラス繊維強化

世界で供給が可能です

Kepstan® PEKK樹脂は、米国とフランスで製造されています。 アルケマの高機能ポリマー事業部門の製品として製造、販売、サービスを行っています。