Up

テクニカルポリマー - 持続可能なソリューション

アルケマの社会的コミットメント憲章に従い、弊社の活動および社会的影響力の革新と責任管理によって推進される様々な持続可能なソリューションを提供します。

国連が掲げている課題への取り組み

テクニカルポリマーの持続可能性は、国連の17の持続可能な発展目標(SDG)のうち10つの目標を実践しています。 弊社の「3大目標」は、(1)気候行動、(2)持続可能な都市と地域社会、(3)責任ある消費と生産、です。
17の目標の7番目の「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」における弊社の活動、環境スチュワードシップ(陸上および水中での生活環境の向上)への取り組み、ヘルスケアとスポーツ市場への関りを深めて健康と幸福をもたらすことを行っています。

アルケマの6つの主な持続可能性テーマ

アルケマの6つの主な持続可能性テーマ:

  1. 植物由来 - アルケマは、持続可能なひまし油から作られる高機能ポリマーの分野において世界的リーダーです。
  2. 耐久性 - 弊社のポリアミド、ポリケトン、フッ素樹脂製品は非常に耐久性があります。使い捨てプラスチックとは異なり、弊社のテクニカルポリマーは特定の用途において長期間使用していただけます。
  3. 軽量化 - これはまさにアルケマの特殊ポリアミド製品に該当します。より軽量な材料は、自動車の燃料消費量を大幅に節約することができます。
  4. 再生可能 - 弊社のポリマーのほとんどすべてが再生可能で再利用することができます。
  5. 持続可能な市場 - 弊社のポリマーは、水ろ過、太陽エネルギー、電気自動車のバッテリー、クール・ルーフ、救命医療用カテーテル、そしてすべての人に健康的なライフスタイルを奨励するスポーツ技術など、地球規模の持続可能性の鍵となる多くの用途でご利用いただけます。
  6. 責任ある管理運営 - 例えば、弊社の多くのエマルジョンフッ素ポリマーは、フッ素化界面活性剤を使用せずに製造することが可能です。

1. 植物由来の分野におけるパイオニア&革新者

化石燃料を原料とするポリマーの炭素成分が、何百年にも渡る有機物の分解により生成する成分であるのとは異なり、再生可能な植物由来ポリマーの炭素成分は、大気中の二酸化炭素が植物の光合成を経て生体分子に取り込まれ、その結果得られた炭素鎖の長い有機化合物に由来したものです。アルケマは70年以上前に、再生可能なひまし油から作られる高機能樹脂であるRilsan® ポリアミド11を開発しました。今日でも、アルケマは高機能植物由来ポリマーのリーダーであり、広範囲かつ革新的な製品および技術ポートフォリオ(成形、押出、強化、透明、高剛性、柔軟性など)を有しています。これらの植物由来ポリマーは、弊社の主力商標であるRilsan®Pebax® Rnew®という製品名で販売されています。

アルケマは、ポリアミド11とその原料モノマーであるアミノ11(アミノウンデカン酸)を生産する最先端の設備をアジアに建設し、その生産能力を増強することを発表しています。またアルケマは、リサイクル材および/または再生可能な材料のみを使用すると表明している、世界の多くのトップメーカーより戦略的パートナーとして認められています。

アルケマは、持続可能なトウゴマ栽培支援活動プロジェクトPragatiの創設メンバーです。 Pragatiの目標は、世界最大のトウゴマ生産地であるインドにおけるトウゴマ生産の拡大です。

 

プロジェクトとして、生産能力の向上、収穫量の増加、環境負荷低減のためのトレーニングを農家に実施し、トウゴマを効率的かつ生態学的に栽培するために貢献しています。また取り組みとして、トウゴマ栽培の技術と知識を高めて収入を向上させ、より良い健康と生活環境を確保するための学習教材を地元の農家に配布しました。

 

Pragatiプロジェクトの4つのメンバー組織は、アルケマ、BASF、Jayant Agro-Organics、国際NGO団体Solidaridadです。

 

Pragatiとはヒンディー語で「進歩」及び「発育」を意味します。

プロジェクト第1弾に参加した農家の方々は、持続可能性の認定を受けました

これまでにPragatiプロジェクトで取り組んだ実績

 

  • 2,700人を超える農家がトレーニングに参加 (学科講習を1,000時間以上実施)
  • 2,000ヘクタール以上のトウゴマ栽培をプロジェクトに沿って実施
  • 3つの独立機関を認証機関として選出
  • 5軒の模範農家を定め、他の農家を招いて優れた農耕の利点を紹介
  • 41の村が土壌検査と水質検査を実施
  • 2016年のプロジェクト開始時と比較し、約55%の収穫高増加を実現

 

ポリマーに最適な再生可能原料としてのトウゴマ作物の主な特徴

 

  • 自然乾燥地帯での栽培 - 水がほとんど不要
  • 人や動物の食物連鎖と競合することがない
  • 害虫に強い
  • 低投入・高収益型で、収益性の高い作物
  • 植え付け後4〜6ヶ月で収穫が可能
  • 主にインドのグジャラート州で栽培(世界の供給量の75%)
  • インドだけで約70万の農家が成長と発展
  • 潤滑剤、コーティング剤、医薬品の原料にも使用されています

アルケマは、サステナビリティの分野において、BMWより2018年サプライヤー・イノベーション賞を受賞しました。アルケマはBMWによって選ばれたサプライヤー3社うちの1社として選ばれ、特に持続可能なトウゴマ農耕と植物由来ポリマーでの取り組みを賞賛されました。

Pragatiプロジェクト・フォトギャラリー

  • 1 / 7
    Castor Beans
  • 2 / 7
    Castor Cultivation
  • 3 / 7
    Castor Drying
  • 4 / 7
    Castor Farming
  • 5 / 7
    Certificate Ceremony
  • 6 / 7
    Educating Farmers
  • 7 / 7
    Preparing Soil for Planting

2. 使用時の耐久性 = 耐久性の高いものを作る = つかう責任

すべてのテクニカルポリマー製品で重視される共通のテーマは、使用時の耐久性です。 簡単に言うと、弊社テクニカルポリマー製品は、長寿命化が求められる厳しい条件下での用途に使用されています。それらの製品は、短期間で廃棄物となり利用不可能となってしまうような使い捨て目的の用途には適していません。

 

具体例:

 

Kynar® フッ素ポリマーは下記の用途に多く使用されています

 

  • 過酷な化学物質に耐性を発揮する産業用チューブ
  • 建物の解体作業中の煙や炎の拡散を防止し、人命救助に貢献できる耐火ケーブル・ワイヤー
  • 数十年間も砂漠の厳しい天候環境に耐久性のある長寿命の太陽光電池パネル
  • 過酷な化学洗浄や消毒にも耐性が高く、産業廃棄処分としての処分が不要の水処理用ろ過膜
  • 工場内での塗装および建物への塗装 (遮熱塗料を含む)は、塗り直しをすることなく数十年間の耐久性を持つことができます。
  • 屋外でのビル塗装および遮熱塗装は耐候性の良さから、基材を保護し、寿命を延ばすため廃棄物に回されるまでの期間も長くなります。この高寿命な特性は塗り直しを必要としないためVOCの排出も結果として抑えることができます。
  • 高密度のリチウムイオン電池は内燃機関の自動車替えて電気自動車の普及を促します。

耐候性に優れているため、建材の耐久性が大幅に向上します

アルケマ特殊ポリアミドは、植物由来であるだけではなく、以下の特性も兼ね備えています:

 

  • 従来の短鎖ポリアミド(ナイロン)よりも耐久性、加水分解性、耐薬品性に優れています。(例:長寿命油圧ホースなど)
  • 一般的には従来のポリマーよりも20%軽量で、特に金属代替の場合は車両の大幅な軽量化が可能です。 また軽量化により低燃費・低コストにつながります。
  • Pebax® エラストマーが使われたスポーツシューズを着用することで、アスリートはより高いレベルでパフォーマンスを発揮するることが可能になります。(これまで多くの世界記録保持者と金メダル受賞者が生まれました)。 アルケマのPebaxPowered® コンシューマーブランディングプログラムは、アスリートが健康的なライフスタイルを送ることができるよう日々サポートしています
  • Pebax®エラストマーは、世界中の何百万もの人々の命を救う心臓手術(血管形成術)を可能にします。 かつては裕福な人だけ受けることができる非常に侵襲的な技術と考えられていましたが、現在では血管形成術は外来医療で低い費用で受けることができ、そして驚くほど高い成功率で行われています。

3. 軽量化 = "節約"

わかりやすく言うと、軽量の材料を使用するということは、重量が "より少量の材料"を使用しているということです。例えば、他よりも20%低密度のポリマーから作られた成形部品は、簡単に定義すると20%軽量になります。
これと同じ単純な理由で、世界中の世界記録を持つスポーツ選手たちは、Rilsan® and Pebax® のポリマーで作られたスポーツシューズを着用しています。スポーツにおいては軽さ=スピードです。同様に、軽量の車両に必要な燃料(化石燃料または電気エネルギー)は少なくなります。これは、自動車市場や航空宇宙市場での金属代替および軽量化にむけての課題となり、
植物由来、超軽量、加工がしやすく再生可能、高耐久性などの様々な特性を兼ね備えたRilsan® ポリマーが多方面で使用されています。アルケマのKepstan® PEKK樹脂も同様に、主として軽量化や難燃性、低発煙性、毒性のあるガスの発生が少ないことから、非常に厳しい使用条件が要求される航空宇宙用途でも採用が進んでいます。また、プラスチックの発泡成形も軽量化への重要なイノベーションの一つです。自社開発と戦略的な顧客パートナーシップを通じて、アルケマは、重要な性能機能と長期耐久性を保ちながら、Pebax® エラストマーとKynar® フッ素ポリマーの密度を劇的に減少させることを実証しました。

アルケマは、再生可能な熱可塑性複合材料の製品シリーズも取り扱っております。これらの軽量化用途製品は、金属や熱硬化性材料から材料代替する際に、新しい代替品として設計技術者の方々にご提案が可能です。

4. 再生・再利用

アルケマ製品の多くは、単独で、または新しい(未再生の)製品とブレンドすることにより、リサイクルが可能です。 各グレード毎に材料特性 (フィラーの有無、着色の有無、組成や特殊処理等)が異なるため、リサイクルの手法は各事例毎に評価・検証する必要があります。リサイクルを行なう場合は、弊社までお問合せください。

5. 持続可能な市場と用途

アルケマの工業用ポリマーは、持続可能(または環境に優しい)であることが重要とされる市場および用途で広く使用されており、理想の用途を現実化する役割を果たしています。つまり、当社のポリマーの特性なしには、ご希望の用途を実現できないかもしれません。 そして多くの場合、当社のポリマーはさらに大きな性能を発揮する役割を担います。当社のポリマーは、ご希望の用途の実現をより効果的にし、より長期的な継続使用を可能にします。 つまり、アルケマのポリマーで「環境に優しい用途」を実現することが可能です。

  • 飲料水: Kynar® PVDF製の水ろ過膜は耐久性に大変優れています。 非常に高い耐薬品性も兼ね備え、水ろ過膜が高処理能力を低下させることなく、繰り返し長時間行われる洗浄/滅菌サイクルに耐えることを可能にします。 その結果、長寿命化と生産性の向上を実現することができます。
  • 太陽光発電: 特許を取得したアルケマのKPK® バックシート(ピュアなPVDF外面層)で保護された太陽光発電モジュールは、砂漠や都市のソーラーファームなどの厳しい環境で、数十年以上の長期にわたってり優れた機能を発揮します。つまり、太陽光発電モジュールの耐用年数が長くなり、廃棄処分される太陽電池パネルの数を減らすことができます。
  • 電気自動車: 電子自動車革命の成功への鍵は、安全性、完全性、そしてバッテリーの長時間利用であることは言うまでもありません。 電池の電極アセンブリの電気化学的環境は、最も耐久性のある材料だけが、条件の厳しい用途に利用することが可能です。Kynar®HSVグレードとKynar® LBGグレードは、負極バインダーとセパレータコーティングの優れた効率性と安全性を保証します。
  • 遮熱塗装:Kynar500® およびKynar Aquatec® 樹脂は、クール・ルーフや建造物の遮熱向け用途と同様に、ヒートアイランドの影響を軽減するのに大きな役割を果たします。30年以上前にKynar 500® PVDF 樹脂を含む塗料で塗装された建物は、今日でもほとんど変わることなく維持されています。このような塗料が再塗料の必要性を失くすことを、世界中の建築家の間では広く知られています。(それによってVOCの排出も大きく抑えることができます)。また、従来の遮熱塗装の利点はすでに広く知られてはいましたが、定期的な塗装が必要なため、これまではなかなか採用されませんでした。Kynar Aquatec® 樹脂を配合した遮熱塗装は、屋根の日射反射率を大幅に向上させると同時に、建造物の基礎となるとなる屋根材の耐用年数を延ばし、定期的な再塗装の必要性を最小限に抑えます。これにより、劇的な省エネとVOC排出量の削減につながります。
  • 健康的なライフスタイル:国連グローバル・コンパクト及びグローバルコミュニティでは、健康的な生活様式の向上に努めています。アルケマのPebax®ポリマーは、従来の侵襲的で費用のかかる処置方法とは異なり、救急心臓手術(血管形成術)で使用される高性能カテーテルに採用されており、外来で広く利用可能となっています。この現代医療技術の進歩により、毎年何百万もの命が救われています。アルケマは医療に貢献できることを大変喜ばしく思います。
  • 3Dプリンティング/デジタルデザイン:アルケマは、3Dプリンティングの主要な方法に合わせて設計された、高性能ポリマーの幅広い性能を提供しています。(www.3d-arkema.com)。 これらの最新の製造技術により、最適な設計とリサイクル性を向上し、材料の使用量を最小限に抑えることができます。 また、生産供給管理の効率性を大幅に上げることができます。つまり、「必要なときに、必要なものだけを作成する」ということです。
     

私たちは、持続可能に向けた新しい開発な用途を、日々探し続けています!

6. レスポンシブル・スチュワードシップ(責任ある管理運営)

弊社のフッ素ポリマーの製造過程ではPFOA、PFNA、PFOSを使用しておりません。さらに、アルケマのPVDF樹脂の大部分は、フッ素化界面活性剤の使用を含まない特許取得済みのプロセスを使用して製造されています。
アルケマは医療機器向け材料の使用に関して、厳格な方針を定めています。

en cn
お問い合わせ